ドラマCD収録感想

先日「ひだまりが聴こえる」のドラマCD収録現場に行ってきました。
一週間経ってもいまだ興奮冷めやらずです。

ドラマCDを聴いたことはあれど作る過程なんてもちろん初めて拝んだので目の前で繰り広げられてく世界にただただ興奮しっぱなしでした。
収録中「どうですか?」と逐一訊いてくださるので「大丈夫です」とか冷静ぶって答えるけど内心「いやああああ最高ですもうしんでもいいですうううう」とか叫びまくってたので。

今回航平と太一を演じてくださった古川さんと榎木さん、とてもイメージ通りだったのでそれが何より嬉しかった…!
当初どなたに依頼するか決める際、頂いたサンプルボイスを何十回と延々聴いて担当さんと一緒にあーだこーだ散々悩んで決めた甲斐があったというか、本当にお二人に演じて頂けてよかったと心から思いました。

それにしても声優さんて本当に凄い。キャストの方々は何役もこなされる方もいるのですが、七色の声ってこういうことですよねと…。
当たり前ですけど画がない分、声だけで感情や動きや人となりまで伝えなきゃいけないし、もちろん台本作りや演出の部分も相当工夫されてると思うのですが、それらを裏切らない仕事っぷりをなさるキャストの皆さんには本当に惚れ惚れしました。
もっともっと聴いてたい〜と思いながらあっという間の5時間でした。本当に幸せな時間でした。今一度皆さん本当にありがとうございました&お疲れ様でした。

それと収録後に製作スタッフさんとお食事会したんですけどこれまためちゃめちゃ楽しくて、清々しいまでにスケベな話しかしなかったけど何回腹筋しんだことか。こんな面白い人たちが作ってくださってるんだと思うと尚更嬉しくなりました。早く完成版が聴きたい…今からとっても楽しみで待ち遠しいです。

諸々小ネタはレポ漫画描く予定なのでその時にでも入れられたらと思います。ただ…レポ用にメモ取ってたんですけどおおむね「感動した!」しか書いてなくて今あの日の自分を殴りに行きたいです。

 
  • 2015.10.18 Sunday